浮世絵のiPhoneケースは有名画家の描いた富士山や雲が大人気!浮世絵の歴史と魅力

浮世絵のiPhoneケースは、日本はもとより世界中で大人気となっているようです。浮世絵と言えば、「富士山とそれにかかる雲」をイメージされる方も多いのではないでしょうか。「富士山とそれにかかる雲」は、iPhoneケースにも取り入れられています。では、浮世絵にはどのような魅力があるのでしょうか。それにはまず、浮世絵の歴史を紐解く必要があります。 そこで今回は、浮世絵の歴史と魅力についてご紹介します。浮世絵の時代背景を知ることで、より親しみやすくなるのではないでしょうか。

浮世絵の歴史について

浮世絵の展示

日本の浮世絵は、江戸時代に描かれたものが多く、歴史の教科書でも紹介されているほどです。浮世絵がよく描かれていた江戸時代は、鎖国といって「国を閉ざしていた時代」でした。そのため、日本独自の文化が誕生しました。その一つが浮世絵です。

浮世絵は、世界のどこにもない珍しい絵画ということから注目を集め、国を開いた明治維新前後において多くの作品が国外に持ち出されています。国外に持ち出されたことで「日本古来のものが無くなるのでは?」と思いがちですが、浮世絵には原本というものが存在しません。ほとんどが木版画による模造品なのです。

浮世絵の歴史を知ると、よりiPhoneケースに使われている浮世絵に親しみが沸いてくるのではないでしょうか。浮世絵のiPhoneケースでは、「富士山と雲」のデザインが多く見られます。当時の浮世絵画家のものですが、日本国内はもとより世界中で人気があります。また、浮世絵は富士山と雲の絵以外に個性的な人物画も多く、どの浮世絵のiPhoneケースも人気が高い傾向にあります。

浮世絵のiPhoneケースは有名画家が描く富士山と雲が魅力!

昔の男性の絵

江戸時代後期の浮世絵師である葛飾北斎の「富嶽三十六景」があまりにも有名なので、浮世絵と言えば、富士山と雲がすぐに思い浮かぶ方が多いようです。確かに、浮世絵のiPhoneケースによく使われているデザインは、富士山と雲をモチーフにしたものです。しかし、当時の浮世絵を描いていた画家は、富士山と雲ばかりを描いていたわけではありません。

浮世絵では、人物もたくさん描かれています。喜多川歌麿の美人画は世界的に有名ですし、江戸時代当時の人々の暮らしなども詳細に書かれていて興味深いものがあります。また、浮世絵は浮き世離れしたものばかりではなく、どこか人間臭いところがあり、大衆紙のイメージに近いものがあります。当時の庶民にも愛された浮世絵だったのです。

浮世絵には、どこか人を惹きつけるものがあり、それが現在のiPhoneケースのデザインにも活かされています。色使いや全体的なバランス・デザインが秀逸であり、現在でも斬新に見えるのが大きな魅力です。iPhoneケースとして浮世絵を用いたものが大人気となっているのは、浮世絵の持つ素晴らしさが現代の人にも受け入れられている証拠と言えるでしょう。

浮世絵のiPhoneケースは有名画家が描く富士山と雲の奏でるハーモニー!

浮世絵と言えば、有名画家の描く富士山と雲です。富士山にかかる雲の絵は秀逸と言えるでしょう。昔の浮世絵画家の描く富士山はどこか独特で、現代におけるどのような画家と比べてもユニークです。その富士山にかかる雲もまた、独特で味わい深いものがあります。

古い時代の浮世絵が現代にiPhoneケースとして蘇ったのも、多くの人の心を掴んでいるためでしょう。ARTiFY JAPANでは、浮世絵を取り入れたiPhoneケースを多数取り揃えています。
自分の心にぐっとくる浮世絵のiPhoneケースを探してみてはいかでしょうか。

オシャレなスマホケースをお探しならARTiFY JAPANのグリッターケース

スマホのグリッターケースの買い替えならARTiFY JAPANへ

会社名 アクティブジャパンマネジメント合同会社
ショップ名 ARTiFY JAPAN
運営責任者 秋宗達矢
住所 〒615-0843 京都府京都市右京区西京極河原町39−8
TEL&FAX 075-205-0748(代表)
E-mail akimune@artify.jp
URL https://artify.jp/
OPEN 10:00-15:00(土日祝除)
定休日 土曜日、日曜日、祝祭日、夏期休業、年末年始はお休みさせていただきます。